宇宙の歯車としての自分を 大きな視野でとらえる

もし答えが全く別のところにあるとしたらどうでしょう?

我が子や大切な人を幸せにするためには、まったく別のことが必要だとしたらどうでしょう?

私たちは目の前のことを狭い視野で見てしまいます。そして、その名誉が回復しないと幸せにならないとか、あのスキルを身につけないと幸せになれないなどと思い込んでしまうのです。

あなたはたったそれだけの存在ではありません。

自分で思っているよりも価値ある存在です。

占いは、吉凶を見たり、避けたりするためだけのものではなく、私たちの思い込みや勘違いを解きほどしつつ、本当に必要なことを知るためのものです。

毎日、毎月、毎年、新しい自分に出会いながら、どこまで成長しても、どこまでも高度に、思いもよらない考え方を具体的に教えてくれるツールを活用しましょう。人は止まることなく、よりいっそう幸せになっていくことができます。

予測もするし解き明かすけれど 「ではどうしたらいいか?」にフォーカスする

多くの方からよく
「今は何もしない方がよい」
「相性が悪いから離れなさい」
「〇〇に気をつけなさい」

と言われたり読んだりしたという言葉を聞きます。

そんな時、私はこう答えます。
「それができるならラクですね」

誰にでも大変に感じる時期や相性があり、そういう場合、実際には、大変すぎて何もしないことなんてできないからです。

そもそも気をつけなさいと言われても、
何をどうやったらいいか分かりませんね。

居場所を変えても、人を入れ替えても解決にはなりません。
その時期であることにはかわりないのです。

それに、また同じ相性の人と出会います

すべての出来事は、あなたのエネルギーを正常にするために起こっています。もっと楽しく生きられるようにと。それなら、どこをどう磨いているのかを知りたいですよね。そしてそれを知ると元気と希望が湧いてきます。これがとても大切なことなのです。

だから一番重要なのは
じゃあ、具体的にどう過ごせばいいか?
を納得して知ること。

本来、そこに最も重点を置くのが占いの使い方だと言えます。

こんなアドバイスが出る可能性もあるのですよ

  • いくつかおおまかな例を挙げてみましょう。


合わない人間関係がつらい

アドバイス:あなたが居場所を変えても、その先でまた同じような人に会うでしょう。それは今年あなたには、違う生き方を受け入れる意志を固めるときだからです。新しくなるには、古いものを捨てなければなりません。その人があなたに何を捨てたらいいか教えてくれているのですよ。


受験に落ちた

アドバイス:その子は別の方向に行く方が伸びるし楽しむでしょう。落ちたことは一切不幸なことではありません。


結婚したいのに、出会いが欲しいのに相手がいない

アドバイス:今は仕事の星がまわっているので、仕事を楽しむ時ですよ。相手がいないことを不安に思う必要はありません。それに、みんなに彼氏がいるから自分にも彼氏がいたら幸せになれると思っているのは勘違いです。今あなたを幸せにするのは仕事です。


※実際にはもっと具体的になります。
今自分に不幸が起こっていると思っていたのに、実は自分にとって最善なものが起こっていることを示しています。

占いは生きる知恵

大昔の人々には、化学も知識もなく、大自然と直接向き合って生活していました。彼らにとって、占いは生きるための知恵だったのです。空の星を見て季節を予測し、作物を育てました。

戦争をするにも、エネルギー作用の知恵を使って戦略を練ったのです。

私たちは宇宙の中に住んでいます。占いとは、宇宙のエネルギー作用を人間に落とし込んだ学問です。身近なたとえをするなら、冬の次には春が来ます。その順番が入れ替わることがないのは、太陽との位置関係によるのですものね。太陽の作用を受けないことができないのは誰もが知っているでしょう。

人間一人一人は、それぞれ違ったたくさんのエネルギーを持っていますから、その宇宙ルールを落とし込めばどんな感情が湧くかまで読めるのです。感情さえエネルギーですから。だから、どうすれば良いかが分かります。慌てふためくこともありません。